アニソンライブによく行くようになって

最近ブログって合間に段落を入れて、目次として最初の方に書かれてあって
そこから行くような創りになっちゃいましたね…
まだ自分のBlogは覚書みたいな日記のつもりなので
そういうふうにはならず結局長文を読ませてしまうような気もするけど
そこはどうかご勘弁頂きたい。
そんな内容のあるようなBlogではないので

あしからず。

ええと、以前はオフ会とかライブとか中止されてて行けるような雰囲気ではなく
まあ、その反動といいますか
上京してからは行けるライブは全部行く!というように変化いたしました。

その中で今日は特に「観客として気になること」「コールの仕方」
というところについて感じたことがあるので
つらつらと書いてみたいと思います。

———– – ✂ ここから ————

自分はアニメ・アニソン系のライブしか行かないので
普通の演者(主に声優)がでる「ライブ」と
DJでの「アニソンMIX」というのに両方行ってます。

最初はラブライブ!のμ’sのFINALから始まった…
その前からサイリウムとか東京での知人にいろいろ教えてもらいかなり役立ったし
FINAL自体はすごく得るものは大きかったし涙が止まらなかった。
その延長上としてラ!サ!!のライブにも行くようになった。

すると合間にアニソンだけのライブや
DJの存在を知っったこともあって、それの観客の応援の仕方に差があるのを知った。
ついでにCRのAKB48のをやってると合間にMIXが入っててそれを知らなかったのでライブによく行く知人に教えてもらってた。

まあその後はPPPHとかそういう略語もわかるようになってライブが楽しみになってった頃
所謂「厄介勢」っていうのが存在してるというのがやっと自分にとって繋がった。
そう、この厄介勢は確かにDJのアニソンライブにかなり大勢いる
まあでもその場では「こういう応援もあるんだ」と大人しくしていた。
要は「郷に入れば郷に従え」っていうやつかな?

ただ、突然後ろから猛ダッシュしてきて一番前にいた自分にぶつかってきながら
いきなり自分や自分の荷物を踏みながら
シャツを脱ぎだして上半身裸になり(ステージには音楽を流すDJしかいないのに)
アイドルの名前を大声で叫んでたのには流石に注意した。

踏まれてるんだから、そのくらいいいよね…?

ってか、怖いよ、それ。
まああとは家人が後ろでその後は守ってくれてたみたいで良かったけど。

要は。
ものすごい明るいUOとか孔雀とか振り回さないで欲しい
眩しすぎてこっちの目も悪くなりそうだし、ましてや見えない。
そして「ジャージャー!」とかうるさい。
他のアニソンがMIXにあってると、あーアニソンって合うように作ってる??とか、つい。

だけど他のアイドルにとっては、あえてその光るのがよかったのか
「明るく光って綺麗だなーってうれしくなりました♪」
んーよくわかってないと決めつけるべきか?
そのアイドルにとってはそれが嬉しかったと公言されると
ますます厄介勢が増えるのかなと思い、複雑な気持ちになったのを覚えてる。

最近のライブでは、そういうペンライトとしては明るすぎるもの、扇形のようなもの、
大声で叫ぶことや席を移動して走ったりという周りに迷惑を及ぼす行為自体禁止してる所は増えてきました。
ただ自分が参戦するライブには、いわゆる厄介勢の方には来てほしくない。
勿論DJを否定してるわけではなく、それはそれで参加したいし「ここでこの曲かあ〜」とか楽しみはあるので、あしからず。

棲み分け?が必要なんだよねえ…

皆さんはどうお考えですか?

Posted in life, music, 未分類 | Leave a comment

SNSはそこまで気にしない事(RやBのお話)

Blogはかなり久々なのでとりあえず書いてみようかと思いましてね

そうだな、何から話そうか?

まあこの辺は自分のメンタル(統失性感情障害にのせいかもしれないし)
それにこの病名はちゃんとウィキペディアにのってるんだから、え?って思う方はまず観てから来てね

それにこの件については個人の見解であるため
別に強制はないしこればっかりは自由な曖昧な関係でよしとされる文化なので
自分自身合わないからって?いつの間に
ゲーム内での同僚や友達ってやつも含め「複数からの」関係を切られたのでね
別に怒ってるわけではないし

一部の方には不愉快でよくわからんけどって方には直で自分(よりはそれについて切った本人にって思ったけど今更ww?  は?」って感じなんだろうなと)に聞いてくれてもいいのよ

———– – ✂ ここから ————

だからキャスなどその時は頑張って時間合わせたんかな?自分
どうやらキャスとかするのも
同じくゲームを切磋琢磨でやろうとしても

気がついたらついったやら顔本やスクフェスやらデレステ・ガルパとかはその人達に教わったつもりなんだけどな
とにかく何もかもその人の情報のとり巻きの人たちから「じゃあ自分も」?という自分で切った人が
同じLINEグルだったというそれだけだと
(もちろん自分はそのグルにはお誘いや入ってたことすらないんでね?)
さすがグルの方は何年か友人関係の人が多く
イベで上京してきてもそのグルの人たちには了承済みでお迎えに行ってたり
自分としてはお呼びもかからないし、きっと自分はいらない子なんだと
思ってたら本当にそうなってて草

それにその前にみんな別垢作り始めて
そっちで仲間内やり取りしてたみたいだし
自分の知らない間にことは進んでて
気がついたら誰も居なかったっていうね

———– – ✂ ここまで ————

まあ「ツイッターはゆるいつながり」とはいえ
さすがの主治医も「…それは酷いね」と言ってくれたけど
「まあ所詮ネットなんで、気にしない方がいい」といつもの対症療法を教えてくれますが

まあそれで鬱がよくなれば越したことはないけど
「明確な事由があってからの鬱はまだ治りやすいんです」というのは
昔からのいまだに尊敬してやまない元主治医の意見と一緒なんで

そこは乗り越えようと必死です。
頓服2錠で一日起きれず寝てばかり、な日もあるんで
今はこれでも頓服は控えるようにしてます

家族の一人が癌治療を始めると聞いて
それはもう心配したんだけれど
案外軽かった方みたいで
抗癌剤の点滴は中止になったとか
それはもうありがたいことばかりなんで

自分の癌検診もこれ以上ひどくならないように
気をつけて検診を定期的に受けたいですね
(自分は子宮頸癌です)

まだまだ残りの人生楽しみたいんで
「がんばらないようがんばりますね!」
と卯月のように生きたいな

Posted in health, life, recent mental | Leave a comment

けもフレがーでん、行ってきた

PPP

さて、雲行き怪しい曇天模様な日々が続いてますが、皆様御機嫌如何でしょうか?

先日がーでんに行ってきました、場所は池袋東口の交番に渡ってその奥って言ったらなんとなく想像できますか?
並びたくなかったので2週間前からイープラスでスマチケの応募を先に済ませてました。
何と言ってもジョッキ(またはグラス)が一人一つもらえるのでそれはそれで嬉しい企画だったんで
コスパで比べたくなかったんで、普通に参加…

しようと思ってました。

5時予約だったんで余裕持ってがーでんに到着。
ですがこのあと色々あったことを黙っていられますでしょうか?!状態に陥ってしまいました。

ここでまず、お知らせしたいのは
チケットを入手していてもその場の注意書きに気をつけるって言うことであえてお知らせしたいです。
そういう意味でここに記しています。

何度か本音を公式に送ってますが返事もない(公式垢なのでそれは仕方ないのは承知の上で)ので
このまま載せさせて頂きます。
何か問題あればブログのフォームより連絡お願いします。

まず、整理券を配るような人気があると聞いたので、先にチケットを入手していましたが

チケットを既に購入しているのに、1階にエレベーター前で乗らないのに男性が(内輪話のような感じで)2人話してて(あとで1人はスタッフと判った)4階までのエレベーターでパチ屋の屋上だったのでその(パチ屋の)お客かと勘違いされていたようでもありましたが、何の案内もなくエレベータは4階までだからそこから屋上まで行く時に既に

「整理券を5階で配る」という案内がありました。この時点ではチケを持ってるので問題が発生するとは思いもよりませんでした。

それで4階までエレベーターで行きましてから屋上に行き整理券配布所ってなってましたがそこのスタッフより

「1階の蕎麦屋の前で列形成してるので先にそちらに並んでください」でした。

そして慌てて「なにそれ」状態で1階に降りるともう列の入場が始まりまして最後尾に並びました
それは暑くて屋内の階段であるとともに閉鎖感のあるなかで暑い中かなり待たされましたね、それがどうこういう場合ではなく皆同じ条件だったから、何も言わずに並びました。
(要は借りてるスペースなので、主催者側も思い切ったことが言えないんだろうな、と思いながら)
でも(当たり前なのはわかってましたが)最後尾はそのまま、最後尾の扱いでした。

そして完全ではないのか?入れ替え制はあったけれども自分のリストバンドの色がいつ出なきゃいけないとか
その辺りが、ゲスト側(客側)にはよくわからなかったり…。

多分いい時間には出られたと思うんで(前後に色違いの方は離席の誘導をしていたので)
ただほんとに座れなかったので、つい大声で座るところがないと指摘してしまいました。

まあコラボカフェって俗にいう「完全入れ替え制」にしか慣れてなかったもんで
その後の(スタッフ曰く「本日はサプライズ演出のためビールのおかわりやで店に並ぶのはご遠慮していただきたい」だったらしく)椅子を4つ用意しはじめたもので、てっきりそれに座ってくださいっていうのが意味がわからなくて、まあこっちも無駄なエネルギー使ってもキツイんでなんとかその場は押さえました。

結局「もりのおんがくかい」からカルテットの演奏が始まり、楽しんでたのですが、
こっそり演奏者の譜面スタンドの下にこれをぶら下げるというのはいかがなものかと…↓

先にご退場の案内

ああ、いかん、つい…。
まあ肝心なフードの話に移ります。

奥がオムそば、手前がまあレトルトカレーです。
ただスパイスがマークの形だったり、少しはオリジナル性がありましたが
見える範囲では1000円のフードしか案内なかったし
(500円フードは座ってるとこでは見当たらなかった)
奥にも一応屋根付きのテラスもあったんだけど、やはりわからなかったという。
まあわたあめとかは別コーナーにあったんでそれもありかなとは思いましたが
なんとなく、わかりにくかったのは確かですね。
、あ、勿論アルコールもだけどすべてセルフですからねー。
(メニューをアップしたかったんだけどキャパが足りないようだ)

あと帰りに(入口にあったんですが)
じゃぱりぱーくのバスに乗ってきましたよ〜

最初は楽しめたんだけどなんか数分経っても動き回ったまま止まらないので
顔面蒼白になってしまいました。
まあもう一回は行きたいんですがね。

あまりお役にたてなくて申し訳ない。
時間には余裕を持って行動しましょう、以上です。

Posted in food, life, medical, recent mental | Leave a comment

映画銀魂(実写版)

万津屋銀ちゃん

本当は封切り日の翌日に行きました、かなり時間が経過してるんで記憶に無いこともあるかもですが…

一応ネタバレ見たくない人は見ないでください(と、前置き。

実は自分は映画を見る時はたとえ6〜700円のだってビールを注文し見ながら飲みます。
以前はそんなことなかったんですが、映画中に実は寝てしまうことが多くて^^;
今回はアルコールを家人から禁止され、普通に見てました…。

が?!

今回は眠れなかったんですよ。
もう60秒毎に笑えるんで、ツボというかハマるともう(迷惑千万ですが)手を叩きながら笑っちゃうんですよ^^;
流石に複数回見たら手は叩く事はなくなりましたが、しかしながらツッコミの仕方が全くアニメ版とかと一緒なんで。

ちなみに自分はアニメから入った方です。
ジャンプ買う習慣がなかったため、その頃はまだ夕方の放送でしたし、下ネタ満載だけど()面白いから見てたのに
次男と見てて(次男は素直だから面白いのはケラケラ笑うやつで)だけどそれが教育上悪いとその頃の元旦那に言われ
思えば、その頃か(ry

…。
話がそれましたんで、本筋へ。

とにかく、舞台挨拶に(菅田将暉くんと監督の時)アニメ版新八役の阪口大助さんがサプライズ登場で
お互いに、「うわっ、本物や!」「いや、そっちこそ本物ですやん?!」等など
それだけでも笑い取れるし、阪口さんいわくツッコミの仕方が同じなのでと苦笑い。

昨今、漫画やアニメからとかラノベからいきなりの”実写化”が流行ってるかのように何作も追加され作られてますが
その度に、ファン?から「失敗するからやめて」「どう表現するんだ?」「海外のキャラを何故日本人で?!」と言う意見がかなりありますが、銀魂の実写化は、これは期待は裏切らないと思います。

とにかく、自分が眠らなかったんで!(←そこっ?!)
いや、ほんとよくぞあそこまで再現してくれたなって、原作からとかアニメからの人等特に違いはないように思います。
ただ見たことある、という漫画からの方はそれと比較されてると思いますが
自分はその「アニメ劇場版銀魂」を全く知らないので(だからここに書くのが遅くなったんです)
それでも皆ほんとやりきった!
福田雄一監督も数々の作品を手がけてる(勇者ヨシヒコ等)のでとても作りが丁寧。
元々コメディやパクリ(?)の多い原作でもあるため、ぶっちゃけてここまでいいんかい??っていうのが根底なので
是非、見に行ってください。

なんと応援上映も決定したそうですよ?!
詳しくは 公式サイトへ!

最後も「もうエンドロールだから」って席を立たないでくださいね?
ちゃんとツッコミあるんで。
せめてUVERworldの主題歌は聞いてからお帰りくださいませ()

Posted in life, musical & movie | Leave a comment

さて、覚書

とあるお方に「書く」って言ったので、有言実行しますか。

まずは筆慣らし(PCですっ)…。

なんとまあ前回の記事が約1年前。
しかもそれはいまだに…。

まあそこはもう離れたのでもう良いです
(何を言っても無駄とわかったので)最後にやらかしましたが。

と言う話はおいといて。

閑話休題。

このエントリには前に説明がありますので
それはもう発表したんですが
それをFBから持ってきます。暫くお待ち下さい。

随分時間かかりました。

2017.3.29

結構FBのほうはひたすら経路のチェックインだけしかなく
あまり書かないです。
先にこれは友人限定公開で載せました。
次は9月ですね…。

なおその病名、確かに進行はゆっくりとは聞いたけれども
それよりも子宮体部に腫瘤が出来てないか、卵巣の様子など…
エコーで調べても今の所は心配ないとは言われたので
「まあよければまた9月に検査しましょう」
とは言われました。

先日心無い言葉を目にしました。
自分は薬のせいですぐ物忘れしてしまい日付が思い出せませんが

病気関係で、いわゆる芸能の方 VS マスゴミ
ライターの書き方が明らかに上から目線で
それだけでも涙が止まりませんでした。

なお、病名でびくついてるわけではないですし
今までは健診に通ってたんですが全て何もなかったです。

ですが徐々に喘息の発症、及びもともとのメンタルのこともあって
転居先でも薬の内服治療中。

そしてリウマチも。今は抗リウマチ剤、プレドニゾロン5ミリと鎮痛剤で痛みを抑えてます。
膠原病でもあるのに公的補助はありません。

別件で婦人科での治療を臨み病院を慎重に選んで
初診で大抵検査を受けるので癌検診をしたら
子宮頸癌でした。
その診断が3月ということですね。

そしてリウマチによる関節炎の症状は血液検査に反映され
炎症値が高く、時に微熱となり基礎体温がバラバラでした。
卵胞とヒューナーテストを繰り返してきましたが
あまり良い状態ではないと事で通うのを止める方向になると思います。
勿論、癌の方は定期的に見ていきましょう、って事で。

なので皆さん、「健診」は大事です。
人間ドックとかお金がかかりますが

年に一回は行きましょう

(自分はいつも病院通いですが)検査データとか持っていって
情報提供はしているつもりですが
それでも専門分野が各々ありますし
内視鏡での消化器系も忘れずに
(自分の場合はポリープが小さいの一つしかありませんでしたが切除しました)

あ、一言申し付けておきますと
肝・腎機能などは全て正常ですので(焼酎gkgk)

先日の飲みのあと記憶がなくて
友人によれば相当転倒を繰り返し内出血とそれに伴う腫脹が
見た目かなり酷いです。(滝汗

さて、今日の覚書はここまで。

あとは何かあったら不定期に更新していきます。

Posted in life, medical, recent mental | Leave a comment

今のLIVEというカタチ

このBlogを目にしてるということは、ふぉろわさんぐらいだと思います。

今までの私の生活、LIVEづくしだったと思います。
一応アンコールのあとには「写メタイム」ってことで、写真撮り放題で
「みんなー、コレをちゃんとついったに載せてねー」
というお約束のもと、コレ!という写真は遠慮なくついったーに投下してましたね。
そういや「応援アカウント」と称して垢を別に作ってる方は少なくないと思います。

というか、今年でデビュー後30周年
ファンの注目は全て昔恋い焦がれた王子様です。

今も変わらないそのストイックな体型。そしてボーカリストとしての品格。
ついったーはやめると言いながらも、情報垢で自分でツイしてみたり。
ホントついったが好きなのだなと思うのです。

ですが私は今薬の影響で物忘れがあり
曲名と歌のメロディが出てきません。

皆、今日のセトリ(セットリスト曲名順番)はサイコー!!と言いながら踊ったりコール決めたり。
素晴らしく盛り上がってるライブの一つでこの曲は泣ける!とか。

非常に申し訳ないんですが

私は先に書いたとおり、曲名も覚えてない。
泣き所がわからない。
そんなに思い焦がれたことがなかったのかもしれない。

次の曲に行くと周りは「ああ、この曲涙でちゃう」といいながら
「今日のアレンジは凄く良かった、ロック調でもあり
アコギでもすごい良さを感じる!」
とかいう感想が非常に多くて。

申し訳ない、自分には違いがよくわからなくて…。
ただ踊れるようなナンバーだと皆スペースの広い後方のフロアで皆踊り出す。
私にはそれが出来なくて。

今日のセトリ最高だったわね〜というのを聞きながら
「何の曲だったんだろう?」
と思うなど。

んで「特別大サービス」と銘打って、ほぼ毎週にライブがあり
そのライブの様子を毎回CDに収め物販で販売。
とてもじゃないけどお金が足りません。

そして彼らの基本は「せっかく来てくれてるファンの方々に感謝を」ってことで
そのように毎週やったりとかあって
でも皆は「この曲前のバージョンとは違う!さすが!新鮮!」という意見を反映させ
毎回その回の「再放送」とか、月イチでアルバムのコンプリートとか
またはお客様自身「昔の曲をこんないいカタチに届けてくれて嬉しい、泣ける」とか

今まで言えなかったけど。どうして30年前の曲ばかり歌うのでしょうか?
そりゃたまには新曲っぽいところをチラ見せすることもあるけれど
結局は昔の曲を歌っている。

アレンジはいいのか良くはわからない(覚えられないので)けれども
皆、それで喜べるのだから、失敗とはいえない、むしろニーズにはあっているのだろうと思う。

ただ、自分がちょっとついていけなくなって来た、というのがあって
事務所(フリー?)とかの色々ご事情なところがあるのだろうけど
なんかいつも同じ曲で「飽きて」しまったんです。

先日のチケット順番にいちゃもんつけた方も私とは友人関係を消されていきましたし
孤立してまでは行きたくないから
家人が休みがあれば一緒に行けるかなとは思うけれど。
だから私のふぉろわさんにはほとんどファンの方はいないですよ?
こんな私だからでしょうけど??

こんな私はわがままなんでしょうかね?
ファンの風上にも置けないって言うとこなんですかね?
メンバーたちもそれで納得してるみたいだし
本人もそれを信じてるし。

私が居なくなれば済む問題ですよね〜?(棒

そんな感じです。
真面目なファンの方々には馬鹿とか滑稽に映るかもですけど

他のライブとか行ってみるとそちらがすごく新鮮に見えます。
申し訳ないんですが

すみませんねえ…。

Posted in BOOK&DVD, life, music, twitter | Leave a comment

私にとっては

私は俗にいう「メンヘラ」ですが
こうやってたまにしか文を書きません。
文を書くのもダメになったし読むのをダメになったことから
殆どココは存在感がない。

気がついたらついったーには投稿するけど
それだけではつたわらない、
でも本人には伝えてほしくない。

先日↑のことで初めて家人と大げんかしました。

“私がクレームの電話をする時が一番怖い”、という家人。

その家人が育てたカトレアにとある声優さんの名前をつけて(命名権ってのがあるようで)それを日本語じゃなくてTLに書いた。
それを私が引用リツイートしてその名前の持ち主の@をつけたら

「やめてやめて!それだけは恥ずかしいから消して!」

まあ確認を取らなかったのが私にも落ち度があったんだけれども
それより
「そんなにRTされたくないんなら鍵でもつけろ!」と私は言い放った。
そして
「ついったーってのは世界中に広がるしネットというものはそうなんだから(皆から見られてる)
リツイートされるのが嫌だったら最初から載せるな」と怒った。

家人は
リツイートはしてほしい、広まったら嬉しいけど本人に直接言うのは恥ずかしい
というポリシーがあったようで

「恥ずかしいのなら最初からついったーには載せるな」
「そういうの@付けたくないのならついったーやめろ」

…結構キツイことを言った気がします。
「じゃ、私はそういうの出来ないんでBするね」
ってブロックしておきました。

言い合い(罵り合い?)も疲れたけどブロックしたことで一応落ち着いたというかだったんだけど
翌日には、ゴメン、悪いんだけどB外してくれない?って言われて、もう私も落ち着いてたので解除しておきましたが、その後の私からフォローをし忘れてたってのはあるんだけど、私のツイが見えなくて、心配してたあ!って。
ええ?フォローしたら見えるやん?とか不思議だったけどそういう判断力って自分にないんだなあと自分で自分を思いながら一応フォローしなおしておいたけど、タブ抽出するほどではないなと思いその辺りは元に戻してないです。

まあずっと仲良しではないのよ?っていうのはわかってくれるのかな?
人間って喜び合ったり悲しみあったり、怒りをぶつけることで本当の自分をわかってもらえるんじゃないかなって
そう思うんよね。

まあここまでは序章です。

続きは本日二回目に(この話とは全く無関係ですが)

Posted in life, mental, recent mental, twitter | Leave a comment

おくすりの変化

今までの医者はそのまま前の(福岡の)処方に従って行きましょうってことで
一ヶ月単位で特に変わらず来てたのだけど
薬の副作用で「過食」が出てきたので
主治医も変わったのもあるし今は2週間に1回通ってます

今の投薬内容(リウマチと呼吸器内科含む)
ってかこうとしたらすごい半角が読めないことにwww
ちと待ってくださいね
というか。この辺りは公費とかに援助がないのでジェネリックの名前がほとんどです。


サラズスルファビタン 1T
アーテン(2) 1T

って書こうとしたら
おくすり手帳だけでは書けませんでした
何をいつ飲んでるのかがわからなくなってるんです。


アーテン(2)  1T


アーテン(2) 1T

すみません、それも含めて今日が書けそうにないんで
ココでやめておきますね。
凄く伝達できないのが心苦しいけど
自分で理解できるレベルでは今ないんですね。

そういうことで許して下さいませ。

Posted in life, medical | Leave a comment

仕事って難しい

蘭展、そごう横浜店賞

先日までもう何ヶ月休んだのだろう…。
ツイッターにも書いたかもですが

どちらかと言うと家事も苦手だし
(昔は火をつけっぱなしで忘れちゃうんでとにかく出来ませんでしたね)
かと言って、お勤めは「定時」というのが苦手で
朝の朝礼がなかった頃は、バスや電車で通勤するのも苦痛で
なかなか朝がかなり緊張してうまく行かなくて
もしかして(→被害妄想)助手さんの密告があって朝会をやるようになって慌てて早く行くよりは休もう、になって。

基本、こういう「症状」は世間から見たら「甘え」なのでしょうけど
なおせ!バスや電車一本でも前に早く来ればいい!5分前行動だ!って
いつもそういうふうに出来てたのに出来なくなっていって
とうとう薬を飲みながら(当然眠気は出るので)
眠さとの戦いで仕事がだんだん出来なくなっていって
結局…

そこまで言われると「もうだめだ」って引きこもっちゃうようになるので
休むようになって
出勤できなくなるんです

要は強要されると事態は悪化するわけで。

一応病名は「統合性失調”性”感情障害」
統失ではなくそれと同じ症状が出ちゃってその上躁鬱を繰り返す状況です。
wikipediaには載ってますね。

年末年始の間に肺炎まで起こし咳と喀痰が止まらないのと
後はリウマチで膝や関節が痛くなったり
ジムに行ってまではダメと主治医禁止令が出たりで痛み止め増やして
後はそろそろ社会復帰しないと!って思うまでになり
ちょっとイメチェンしようという軽い気持ちで
ヘアカラーをして
やっと昨日会社に久々に行ってみたんです。

無茶苦茶部長クラスから怒られました。

ケアマネの時も服装で叱られたりするのもありました。
その時は出勤して近い利用者さまのお宅巡回で
ウエストがあわずにジーパンで行ったんですね(上は白衣です
すると先輩ケアマネから

「貴方、それ仕事の服装じゃないよね?」

その時は全然わかりませんでした。
プライベートと仕事との区別がついてないしって
それは変なんだよ?ちゃんと白衣で行くべきでしょ?

自転車に乗るからこっちが動きやすいよなって
思っちゃったんです。
それを思い起こすことが先日起こりました。

そう、数行前に書いた「ヘアカラー」でした。

家電屋とか要は派遣先でも出勤する時はスーツ!それが当たり前の世界。
スーツ以前にブリーチしてカラー入れてるけれどこれはどうかと思いますって

そうですね、普通に考えたら全くもって私が全面的に悪いですよね。

まあそんなこともあってまたモチベが下がりまして
今度日曜からなんですが
どうなるのかわからないです。

おしゃれにって思ってたら、実はそうじゃないって
すごく凹みました
ってこうやって書くとかなり反感買いそうです…
ポリシーを持って訴えたら「じゃあ他の派遣にどうぞ、どこも雇ってくれないと思うけど」って言われそうだし

はい、すみません、私が悪うございました…
ちょっと暫く休みます
ってことにしてしまいそうですね…

家人はそれで似合ってるのにねって言ってくれたけど
いざ自分の髪のこととなると
全くカラーは禁止だからっていってきますし
食品扱うお仕事なのでそんなチャラいわけにはいかないんですよね。

ええ、わかってて言ってます。

それを自分の病気を盾に言うな、病名に甘えるな、もっと努力しろ
っていうのはなかったんです。
珍しいですよね?
っていうのは
過去にそればかり云う人がいてかなり苦しかったから。
前がそればかりでつらかったから。
でも世間から見たら

「甘えだね」

で終わると思います。

こういう支離滅裂なことを言うのも症状の一つのせいだそうで。

はい、今日のBlogは「ペコの取り扱い方」の一つでした。
以上です。

Posted in medical, recent mental | Leave a comment

また一人…

虹の架け橋

訃報が続きます。

Facebookで確認してると、明言が最初見つからなくて
でも、一人一人読み進めていくと
どうやら数日前にお亡くなりに、っていうのを見つけて
また泣いてしまいました。

歯科医の先生で、とても優しい良い方でした。

その方は(ご病気になってからはお会いしてなかったので)
一番最初ツイッターってどう使うの?
と、数年前から始められ、結局私ではなかったのですが
色々周りのご友人が手助けされて
気がついたらFBにもいらっしゃってて
気がついたらUSTも始められ
医師関係のお仲間さんと放送を始めてみたり
積極的に頑張っておられました。

それから福岡・大名でみんなツイッターを使って人脈が増え
気がついたら関東から有名な方に来てもらって
勉強会、飲み会など、一番賑やかな時じゃなかったのかな?
とにかく新聞の取材などが多く、福岡が注目されてた時でした。

先生は他にも地元福岡での
詳しくは覚えてませんが
「色々なものを綺麗にする会」みたいなところにも所属されて
それも新聞に取り上げられてました。

しかしながら同じ福岡ではあるのですが
自分は隣の市だったこともあり
患者としては一回も受診してませんでした。

つまり個人的にはお会いしたことがなく
すごいな〜とツイッター上でやり取りしていました。

ところが

自分自身の私的なこともあって
福岡市内を転々としながら別居生活を送っていたら
歯の調子が悪く、気がついたら電車で簡単に行ける距離だったので
先生に電話して、何回か通うようになってました。

他院にて下の前歯をもう歯茎が痩せてしまってて抜いたのですが
その後が歯が全体的にグラグラしてる私だと
抜いたところがぽっかり開いてるのに歯の上だとくっついてしまい
それを相談すると
とりあえず「応急処置」として歯の裏から
穴をふさぐようなパテを塗りつけてくださいました。

それからはもう東京に行く間近で
「あくまで応急処置だから、ちゃんといい歯科医見つけて早く治してもらって」
「気をつけていくんだよ」
とても優しい方でした。

結局そのパテはまだ現役で、他の治療を進めています。

すると気が付いたら先生の投稿が

「癌が見つかったので治療受けます」

と、その壮絶な治療を綴っておられました。
それはもう副作用との戦いでもあり
腹水も溜まったり抜いたり
いつもきちんとメモするかのように
どんどん投稿されてました。
私からはどうもコメントできにくくて
結局掛ける言葉も見つからず
ずっと読み続けてました。

そんな長い治療も一旦の区切りがついて
退院(家で過ごすこと)するとありました。

そして
年明けには「初詣に行きたいなあ」とあって
実際に行かれた様子が写真にありました。

私がお会いした頃はぽっちゃり体型だったのに
随分痩せたご様子でした…

そうして
いつの間にか周りのご友人が
悲しみ、寂しさなど名前を出さずに
FBで綴られていきました。
嫌な予感がして読み進めると…。

あとは文頭にあるとおりです。

その夜は少し思い出しながら
献杯の仕方を知らなかったので
先生はコーラ好きだったのだけどうちにはないから
赤ワインでしばし故人となってしまった先生を偲んでました。

もうご冥福など言ってられないけれど(そういうのが苦手)
先生、また今夜も飲むから、もうちょっと
心で話しましょう。
福岡でもそういう偲ぶ会があるそうなので
先生もお忙しいと思いますが(苦笑)
よろしくお願いします。

Posted in health, life, twitter | Leave a comment